総入れ歯と部分入れ歯

総入れ歯とは?

全ての歯を入れ歯にしてしまう事です。
ご自身の歯が1本も残っていない場合に、総入れ歯(総義歯)による治療となります。
健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。

部分入れ歯とは?

抜歯などの後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるものです。
1本だけ失った場合でも、1本しか歯が残っていない場合でも可能です。
保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプのものがあります。

プラスティックによる入れ歯(レジン床義歯、スルフォン床義歯)

金属による入れ歯(金属床義歯)

磁性アタッチメント

バネを使わない入れ歯(ノンクラスプ)