虫歯で欠けた歯に被せる被せもの

レジン前装冠

保険適応のプラスチックの差し歯です。
永年使用していると、唾液を吸収し、変色したり磨り減ってしまうことがあります。
前歯の舌側(裏側)は全て金属で製作し、奥歯については補強する金属の使用が保険では認められていません。

ハイブリッド

ハイブリッドとは、正式には「ハイブリッド・セラミックス」といいます。
セラミックスという名前が付いていますが、強化したプラスチックのことです。
セラミックに比べ価格は経済的ですが、セラミックほど自然に色調にはなりませんし、歯垢も付きやすい材料です。
強度もセラミックには劣ります。
ただ、奥歯も金属の見えないように白くできるので、主に奥歯によく用いられる治療法です。

メタルボンドクラウン

被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療です。すべてセラミック素材(陶器材料)でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは前歯に使用します。
金属をまったく使用しないので、光の透過が人の歯とほとんど変わらず、自然な歯が再現できます。
そのように非常に見た目が良いのが特徴ですが、値段が高く割れやすいと言う欠点もあります。

漂白

漂白とは、歯のブリーチングという事です。歯科医院で行うオフィスブリーチングと歯科医院で器具を作ってもらい自宅で行うホームブリーチングがあります。

ホームブリーチング

オールセラミッククラウンは前歯に使用します。
金属をまったく使用しないので、光の透過が人の歯とほとんど変わらず、自然な歯が再現できます。
そのように非常に見た目が良いのが特徴ですが、値段が高く割れやすいと言う欠点もあります。

オフィスブリーチング

オールセラミッククラウンは前歯に使用します。
金属をまったく使用しないので、光の透過が人の歯とほとんど変わらず、自然な歯が再現できます。
そのように非常に見た目が良いのが特徴ですが、値段が高く割れやすいと言う欠点もあります。

詰め物

ハイブリッドインレー

セラミックの透明感とプラスチックの粘り強さを適度にあわせもった素材です。
奥歯の詰め物には最適です。特徴としては、適度な硬さと粘り強さを兼ねそなえており、唾液の吸収が少なく変色、口臭の心配が少ない事があります。

コンポジットレジン

金属をまったく使用しないので、光の透過が人の歯とほとんど変わらず、自然な歯が再現できます。
コンポジットレジンは、場合によっては保険適用外になることもございます。